事故車を買取できる理由について

事故で故障や破損をしてしまった車を処分したい人にとって、
魅力的な存在となるのが事故車買取業者です。

ディーラーでは廃車にするしかないと評価されてしまう車でも、
事故車買取業者では思わぬ高値を付けてくれたり、廃車にする場合でも
無料で代行してくれることが多いので、お得に処分をすることができます。

処分にお金がかかるような状態の車であっても、買取や無料での廃車が可能な理由は、
事故車をリユースやリサイクルするノウハウを持っているという点にあります。

一般的なユーザー目線では無価値と考えられがちな事故車ですが、海外への輸出や
パーツの再利用など、ノウハウのある専門業者から見れば多くの価値がある
立派な商品です。

近年では特に海外需要が高まっており、一見売れるはずがないと
思われるような車であっても十分に査定に応じてもらえるケースもあるので、
諦めずに査定をしてもらうことがおすすめです。

利用者、業者双方にメリットの大きい事故車買取に注目してみましょう。

事故車の廃車買取で注意したいこと

事故車を処分しようと、中古車屋さんを呼んで査定してもらうことになった際に、
注意しておかなければならないことがいくつかあります。

まず、壊れた車だからと遠慮をしてしまう、ということです。
事故車を買取ってもらえたという安心感から、相手の言い値で手を打ってしまったり、
中には無料で引き取ってもらえて良かったと胸をなでおろす場合もあるのですが、
もしかするとそれは損をしている可能があるのです。

なぜなら、事故車だったとしても、業者からしてみれば十分に儲けを出せるからです。
そもそも事故車という扱いになってはいるものの、廃車にするどころか、
まだまだ走るというケースは珍しいことではなく、仮に国内で売れなかったとしても、
海外に持っていけば日本の車は壊れないと評判が高いため、買い手はいくらでもいます。

それから、買取店には少なくとも二社以上に査定してもらっておくことをおすすめします。
比較するものがないと、適正な値段かどうかが判断できないからです。

全損の故障車・事故車の買取と保険について

故障車・事故車にも損害の状態のレベルがありますが、全損の場合には通常、現在の車を廃車に出して新しく購入するというケースがほとんどです。

保険をかけていれば、全損時の補償も受けることができますので、新車の購入で大きな費用負担になるという心配もありません。
一方、故障車・事故車の処分に関しては、基本的に自分でしなければなりません。廃車に出すときには、書類の作成や費用負担などが生じますが、これらを行政書士や業者に依頼すると、書類の作成で別途費用がかかります。

しかし、買取に出せば、故障者の所有権は業者に移りますので、これらの手間や費用の負担をする必要がなくなります。もちろん、所有権を移すときの面倒な手続きも、書類作成は買取業者が行いますので心配いりません。
動かなくなった故障車・事故車を引き上げるのも業者が行いますので、対応してくれる業者が見つかった時には、自分ですることはほとんどなくなります。また、使える部品などによって現金も受け取れます。

ローンの残っている事故車の査定基準について

原則としてローンが残っている事故車の査定を受ける前に、残債を返済しておく必要があります。

ただ、購入してからそれほど歳月が経過しておらず、残債が多いというケースもあることでしょう。

そうした場合は、事故車の買取業者に相談をして、どの程度の値がつくのか見てもらうのもよいです。残債が30万円残っており、買取額が30万円ならばまったく問題はありません。買取額のほうが低い場合は、自分で差額分を用意する必要があります。

いずれにせよ残債がある時点で、所有者はローン会社名義となっています。事故車といえども自己判断で勝手に売却することはできません。

例えるなら、友人から借りた車が故障したとき、友人に相談せず売却したら違法になるでしょう。事故車の買取基準は幅広く、不動車や水没車でも査定を受けられます。
ただ、ローンが残っている場合の査定では、残債と買取額のどちらが大きいかがポイントとなります。

残債のほうが大きく、さらに手持ち金で差額分の支払いができないときは、ある程度残債の支払いを続けてから売却したほうがいいケースもあります。

一括査定で事故車を高く買取してもらえる業者を選ぶ

事故車を高く売りたい方におすすめしたいサイトが、中古車・事故車の一括査定サイトです。
このサイトは複数社に一括査定の申し込みをして、その場で金額を教えてもらえます。

サイト利用における注意点は、査定額を知りたいだけなのか、売却を検討しているのか明確にすることです。
査定額を知るだけならば、売却する気はないことを業者に伝えておきましょう。

業者側としては買取をしたいと考えているため、事前に断っておかないと一方的に話を進めてくる可能性があります。

一括査定を受けたあとは、出張査定を受けさせてほしいと言われるはずです。事故車の売却を決めている方なら、複数社の相場を比較して出張してもらう業者を絞っていきましょう。

出張査定をする場合も、3社程度は競合相手を設定しておいたほうがいいです。

競合相手がいれば各社ともに意識するため、金額を釣り上げやすくなります。

ネットで最高額の会社にそのまま売却するのではなく、高額提示をしてくれた会社を3社程度に絞ってから出張依頼をしましょう。

不動車でも可能な事故車の査定について

事故車の買取は不動車でも査定を受けることが出来ます。動かなくなってしまった車でも買い取られた後の利用先があるので、事故車の買取も積極的に行われます。

不動車の場合どのような利用先があるのでしょうか。

動かなくなってしまった車については解体するしかないのですが、車を解体した後で今後の自動車の製造に必要となるパーツを売ることが出来ます。

部品が高く売れることがあるので事故車の査定を受けたら、高く買い取ってもらうことも出来ます。

査定の見積もり金額が高いほどパーツの供給がよく行われている買取業者であると言えます。

また事故で損傷をしていても、車体に使われている金属部分は再び鋳造すれば、あらたな自動車の車体として再利用されます。

このように自動車は不動車になってもその価値を失うことはありません。まずは査定を受けてみて自分の持っている事故車がいくらくらいで買い取ってもらうことが出来るのか見積もりをとってみましょう。